盗聴器を仕掛けるのはストーカーの常套手段です

いつの時代にも犯罪は存在しています。しかし、犯罪の形態というのは世の中の変化と共に変わっていっているものです。そんな中で最近増えているのが、ストーカーによる犯罪です。実際、ニュースなどでストーカーに絡む犯罪も少なくないのは皆さんも実感していると思います。

ストーカーはターゲットにされた人にしつようにつきまといます。男性から女性へのストーカーをイメージする人が多いでしょうか、女性から男性、あるいは同性同士というケースも結構あるものです。そのストーカーは様々な違法な手段を使って、ターゲットに接近してきますが、その中の一つに盗聴があります。自分の知らない間に家に侵入し、盗聴器を仕掛けるのはストーカーの常套手段の一つです。

自分のプライベート空間にそうしたものが仕掛けられているなんて怖い話ですよね。自分のプライベート情報がストーカーにどんどん知られて行ってしまうのです。最近こんなことはありませんか?自宅の周辺に見知らぬ車をよく見かけるようになった、誰かに付きまとわれている気がする、その誰かが家周辺ではないところでも見かける、ドアノブに傷がついている、誰かに部屋に入られたような気がする、、、そんな事を考えだしたら気が気ではありません。

そうなればもはや盗聴調査を生業にしている業者に調査をお願いする他無いのです。盗聴調査を行う業者には様々な会社や個人があります。個人で盗聴調査を営業しているところは信用できないのでスルーしますが、探偵社であるとか盗聴調査バスターとか警備会社に引越し業者。などが盗聴調査を行っている場合がありますので、問い合わせをしてみるとスムーズに解決するでしょう。(ただし業者はきちんと選ぶこと!)

かつては自宅の固定電話に盗聴器が仕掛けられることもありましたが、携帯がメインになった現代では、固定電話の比率がぐっと減っています。そもそも固定電話を持っていないという若い世代も多くなっています。そうしたことから、固定電話というケースは少なくなっています。代わりにストーカーによる盗撮被害は増えているようです。インターネットを見ていてもユーチューブなどの動画が流行っていますが、動画時代に対応した犯罪だと言えるでしょう。

この盗撮に関しても業者が対応してる場合があるので聞いてみてください。ひょっとしてあなたにも盗聴器がしかけられているかもしれません。注意しましょうね!

Read More »